Read Article

SIMフリーのスマホが流行ってるけど、一体何?何が良いの?

ここ最近、SIMフリースマホの需要が高まっています。キャリア(通信会社)の拘束から解放されたいというユーザーが増えてきているということですね。

そんな今注目のSIMフリー端末ですが、ここではSIMフリー端末とは何か?その人気の理由について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

SIMフリースマホとは何か?

SIMフリースマホとは、そのままでSIMが自由なスマートフォンです。つまりスマートフォンに挿入されているSIMカードを自由に交換し利用できるスマートフォンということです。

では,SIMフリーでない通常のスマートフォンはどうなのか?

日本国内では基本的にスマートフォンを購入する際はdocomoとかのキャリア(通信会社)と契約し料金プランを決め、スマートフォンを購入します。

その際に、決まった電話番号などのデータがSIMカードに書き込まれ、そのSIMカードをスマートフォンに挿入することで利用可能となります。ですのでSIMカードがないと通話やデータ通信といったスマートフォンのメイン機能は利用できません。

さらに悪いことに、各キャリアでSIMカードやスマートフォンの方式が異なるので他のキャリアのSIMカードやスマートフォンではお互い使えないようになっています。これがいわゆる「SIMロック」ということになります。

例えば、自分のdocomoのSIMカードを友達のauのスマートフォンに挿入しても使えないということですね。

これが、国内スマートフォンの基本的な仕様ですが、一部そうでないSIMカードを交換しても使えるスマートフォンがあり、それを「SIMフリースマートフォン」と呼びます。この考えはタブレットやモバイルルーターも同じです。

例えば、自分のdocomoのSIMカードを友達のsoftbankのスマートフォンに挿入しても使えるといった機種があるということです。

SIMフリースマホにはどんなものがあるのか?

では、SIMフリースマホにはどんなものがあるのかということですが、残念ながら、国内のスマートフォンでSIMフリーのものは多くありません。

先述のようにスマートフォンの契約で料金プランとスマートフォンとのセット販売が基本ですからね

auではかなり古い機種で数機種ありますが、これもROM機というもので、SIMフリースマホとは少し意味が違います。

softbankでも、かなり古い機種で数機種のみです。

唯一docomoだけは、古いものから新しいものまでSIMフリースマホとして使えるものを数多く取り揃えています。

au、docomo、softbankのsimフリースマートフォン端末はどうなのか?

一方、海外では通信会社との契約と端末の販売が別になっているところが多いので、SIMフリーのスマートフォンが数多く存在します。2枚SIMカードが挿入できたり、日本で未発売のユニークなものや最新機能を搭載したものなど色々あります。

また、同じ端末でも日本仕様はSIMフリーではないけれど、海外仕様のものならSIMフリーにできるといったものもあります。

ですのでSIMフリーのスマートフォンを探す場合、メインはdocomoのスマートフォンか海外のスマートフォン、あとはsoftbankの旧機種かemobileなどといったところになりそうですね。

SIMフリースマホが人気の理由

では、最後になぜSIMフリースマホが注目され人気となっているのかということですが、理由は大きなところで3つあります。「利用料金の節約」、「海外での利用」と「複数端末利用」です。

SIMフリースマホで利用料金を節約
先述のようにSIMカードから電話番号やそこから関連する契約内容、料金プランなどを認識します。ですので安い料金プランのSIMカードに差替えて利用すれば、当然利用料金は安くなるということです。

SIMカードにはキャリアと契約した際に発行してもらうものとMVNO(通信会社から回線を借りて通信サービスを提供する事業者)が販売しているものがあります。

MVNOのSIMカードは色々な種類があり、データ通信のみのものや通話も利用できるもの、用途に応じて選ぶことができ、格安で販売されています。

例えば、docomoでスマートフォンを契約・購入していて、スマートフォンを安くするために高めの料金プランに入っていた場合、その契約は解約しSIMカードを返却。スマートフォン本体は残るので、別の安い料金プランのSIMカードを購入し差し替え利用する。

もしくは、スマートフォン本体のみでSIMカードのないもの(いわゆる白ロム)を購入したり、知人からもらった場合、それがSIMフリースマホであれば、キャリアと契約せずにSIMカードを買って挿入すれば格安で利用できるということです。

要は高額なキャリアの料金プランでなく安い料金プランのMVNOのSIMカードを利用できるといったメリットがあります。

SIMフリースマホで海外利用を快適に
もう一点は海外の利用です。通常のスマートフォンでも海外での通話、通信に対応していますが、その際は割高な料金プランを利用する事になります。

その点SIMフリースマホであれば、海外現地でSIMカードを購入し利用すれば、これまた格安で利用できるということになります。

短期の旅行や出張であれば海外料金プランで我慢したり、海外仕様のモバイルルーターのレンタルということもありですが、長期の場合はSIMフリースマホが便利でお得です。

SIMフリー端末で複数端末運用を快適に
最後は、SIMフリー端末の複数台使用です。ここ最近ではスマートフォン1台だけではなく2台持ちやタブレット、モバイルルーターとの併用ユーザーも多く見られます。

用途に応じて使い分けができ、非常に便利なのですが、問題は利用料金がかさむことです。それぞれの端末に対して契約をし料金プランを設定していると月々の利用料金はとんでもない金額となってしまいます。

まぁ、この点に関しては各キャリアでも考慮しており、複数台契約の際はセット割などで、それぞれ別契約するよりはお得になっていますが、それでもかなりの金額です。

その点、SIMフリー端末であれば、1枚のSIMカードの差替えですべての端末を利用できる。つまり1契約、1つの料金プランで複数台の運用が可能となります。

例えば、外ではスマホにSIMカードを挿し利用、家ではタブレットに差し替えて、また、モバイルルーターに差し替えれば、WiFiでスマホもタブレットも無料で同時に利用できます。

差替えが面倒な場合は、MVNOのSIMカードでは2枚セットや3枚セットなどの1契約で複数枚のSIMカードを購入できるので、それぞれの端末に挿入もできますし、家族などで利用する際も便利です。

また、複数台ではありませんがSIMカードを2枚挿入できるスマートフォンなどもあるので、海外など活動エリアの広い人は2種類別のSIMカードを挿入していれば、差し替えなしに切り替えでき便利です。

SIMフリースマホのデメリット

このように良いことづくめのSIMフリースマホですが、デメリットを上げるとすれば、「スマートフォン本体の購入費が高くなる?」、「まだ国産のSIMフリー端末が少ない」ということではないかと思います。

スマートフォン本体の購入費が高くなる?
スマートフォンを安く購入するには複数年の契約条件かつ高めの料金プランに加入することで割引が受けられるというのが、今の日本での主流です。高い料金プランを複数年利用する代償としてスマートフォンを安くしているわけですね。

この割引なしにスマートフォンを購入しようとするとかなりの高額となりますし、そもそもキャリアショップや家電量販店ではスマートフォン単体での販売はやっていません。

つまり、スマホをSIMフリーとして利用するには、キャリアで一旦、割引のある契約でSIMフリースマホ購入し、タイミングを見て解約、SIMロック解除手続き、MVNOのSIMカードに差し替える。

はじめから、高額ではあるが割引のない契約でSIMフリースマホ購入し、すぐに解約、SIMロック解除手続き、MVNOのSIMカードに差し替える。

もしくは割引のないSIMフリースマホ本体のみ(白ロム)の新品や中古品などをネットショップか中古屋で購入することとなります。

はじめに安く購入し、月々高額な利用料金を払い続けるか?はじめは高額な購入料金を払い、月々の利用用金を安くするか?頭を悩ませるところです。

ですが、スマートフォンが行き渡った現在では白ロムや中古品の種類も豊富で価格も安くなり、MVNO提供のSIMカードも豊富で格安になっているので、キャリアの契約に拘束されず、スマートフォンのみを安く購入し、MVNOのSIMカードで安く利用するというのが賢い運用ではないでしょうか?

まだ国産のSIMフリー端末が少ない
良さが分かっていても、今一歩踏み込めないのが国内でSIMフリーに対応している端末は実質docomoのものしかないということです。そのこともあって、MVNO提供のSIMカードもdocomoの通信網を利用するものがほとんどです。

つまり、国内でMVNOのSIMカードを利用するにはdocomoのSIMフリースマホでdocomoの通信網を利用するというのが現状です。

あとは種類は限られますが、softbankやemobileのSIMフリースマホを利用するか、若干ハードルは上がりますが海外仕様のSIMフリースマホでの利用となります。

softbankとdocomo間でのSIMフリー利用できるものもありますが、docomoのスマートフォンでsoftbankの通信網を利用しても料金面では、あまり意味がありませんからね。

但し、海外のSIMフリースマホでは魅力的なものは多いので、それを購入し、MVNOのSIMカードを利用での格安運用。また、au、docomo、softbankなどの通常のSIMカードを挿入し、料金面ではメリットはないもののスマートフォン自体を楽しむといった考え方もあります。

最後に

現在は契約回線確保のためにセット販売やSIMロックなどセコセコと3キャリアでやりあっていますが、色々な意味で頭打ちです。

いずれグローバル化や価格破壊の波が押し寄せ、SIMロックフリーでのスマートフォン単独販売、格安回線の提供が当たり前の世界に変わっていくと思います。というよりそう願ってます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top