Read Article

au解約時の5つの注意点と落とし穴に落ちない解約手続き方法

スマートフォンやタブレットを契約する時は色々な割引で何かとお得になります。もちろん、お得になるには理由があります。それは単純で「契約してもらいたい」からです。

では、解約、つまり契約を解除した時にどうなるのか?・・・落とし穴がいっぱいあります。ですので解約する時は注意が必要です。

スポンサーリンク

ここではauのスマートフォンやタブレットを解約(契約解除、MNP)する方法、解約時の注意点についてまとめてみました。

auでの解約手続き方法

解約手続きを行う場所
契約手続きはauショップ、PiPitの他、家電量販店などでもできますが、解約手続きは基本的にauショップ、PiPitで行うようになっています。家電量販店で解約を行いたい場合は、事前に手続き可能か確認しておく必要があります。

解約手続きに必要なもの
解約手続きに必要なものとしては
①au電話機本体(au ICカード対応機の場合は、本体+au ICカード)
②印鑑
③本人確認書類 (原本)
確認書類詳細は『ご来店いただく際のご来店者証明書類

代理人にて解約手続きを行う場合は
①au電話機本体(au ICカード対応機の場合は、本体+au ICカード)
②代理人の印鑑 (ゴム印以外のお認印)
③代理人の確認書類(原本)
④契約者本人の確認書類(写し)
⑤委任状
委任状詳細は『委任状の書き方を知りたい

以上のように解約手続き自体は簡単で、auショップ等に必要な物を持って行き「解約したい!」と言えば、手続きをやってくれます。

au解約手続きの詳細は『解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ

問題はここからです。


au解約時の5つの注意点

解約してしまった後に、想定外なことが起き「えっ!なんで!」とならないために、注意すべき5つのポイントを解約前にキチンと理解しておきましょう!
①解約金はいくらかかるのか?
②MNPの場合はどうなるのか?
③解約時、直近の利用料はどうなるのか?
④auポイントはどうなってしまうのか?
⑤今まで利用していたauのサービス、コンテンツはどうなるのか?

解約金はいくらかかるのか?
解約金としては契約中の割引がある場合、更新月以外では契約解除料が発生する場合があります。代表的なものとして「誰でも割」、「年割」、「スマイルハート割引」などがあります。

「誰でも割」は2年単位の更新で更新月以外での解約は契約解除料9,975円がかかります。「スマイルハート割引」1年単位の更新で更新月以外での解約は契約解除料3,150円がかかります。「年割」も1年単位の更新で更新月以外での解約は契約解除料3,150円かかります。また、最近始まった「auにかえる割」は2年単位の更新で更新月以外での解約は契約解除料9,975円がかかります。

ですのでなるべく更新月まで我慢して解約するというのがベストな選択です。この解約時にタイミングを合わせないとお金を払わなければいけないというのは、ご存知の方は多いかもしれません。ですが、落とし穴は別にあります。

これらの割引サービスは更新月には割引が適応外となります。つまり、更新月を狙って解約するとその月の利用料金は割引適応外の料金となります。ハッキリ言ってセコいですよね。ですが、仕方ありません契約解除料を払うよりはマシですからね。

更新月については『auお客さまサポート』で自分で契約状況を確認するか、WEB de 請求書お知らせメールに登録しておけばメールで知らせてくれます。もちろん問い合わせれば調べてもらえます。

WEB de 請求書お知らせメールの詳細は『WEB de 請求書とは?

各割引の詳細は『誰でも割』、『年割』、『スマイルハート割引

MNPの場合はどうなるのか?
完全に解約してしまう場合は上記のとおりですが、auを解約して電話番号をそのままで他社に乗り換える。いわゆる「携帯電話番号ポータビリティ」(MNP)の際には、加えて注意する点があります。

他社に乗り換えの場合は最後の最後までむしり取られます。悲しいことにMNP転出手数料として2,100円が別途必要になります。契約の時は天使のような笑顔だったのに、解約する時は鬼の所業!鬼!鬼!

その他としては、携帯電話番号ポータビリティなので電話番号のみはそのまま使えますが、au発行のメールアドレスは使えなくなります。au提供のサービスももちろん使えなくなります。コンテンツや電子マネーなども引き継ぎできないものがあるので注意が必要です。

解約時、直近の利用料はどうなるのか?
解約時にはタイミングによって色々とお金がかかるのは分かったと思いますが、解約時の利用料金はどうなるのでしょう?4GLTE端末と3G端末の代表的な契約例で見てみます。

まずは4GLTE端末です。基本使用料は「LTEプラン」、インターネット接続サービス「LTE NET」、パケット通信料定額サービス「LTEフラット」とします。

通話の基本料「LTEプラン」は日割りされ、あとは実際に通話した分だけ請求されます。インターネットの基本料「LTE NET」は日割りされません。まぁこれらは低額なので特に気にすることはあリません。

問題は「LTEフラット」です。パケット通信料定額サービスは高額にも関わらず日割りとなりません。、解約が月の初旬でも満額請求されてしまいます。ですので、そのような場合はデータ通信を我慢して本体解約の前月にパケット通信料定額サービス「LTEフラット」だけ解約してしまうのが賢いかもしれませんね。

次に3G端末ですが、基本的には4GLTE端末と同じ扱いです。基本使用料は「プランZシンプル」、インターネット接続サービス「IS NET」、パケット通信料定額サービス「ISフラット」とします。

この場合でも4GLTE端末と同様に通話の基本料「プランZシンプル」は日割りされ、あとは実際に通話した分だけ請求されます。インターネットの基本料「IS NET」は日割りされません。パケット通信料定額サービスです。「ISフラット」は日割りとなりません。

このようにパケット通信料定額サービスは日割りにならず、金額的にも大きいので、別途、解約のタイミングを考える必要があります。

パケット通信料定額サービスの詳細は『パケット通信:サポート情報(重要事項説明)

その他に気になるところとしては「auスマートバリュー」は解約月に割引が終了します。「毎月割」は解約前月分で割引が終了します。

補足)本体の分割代金が残っている場合
スマートフォンなどの本体分割代がまだ残っている場合は、解約時に一括支払いでも、引き続き分割支払いでも可能です。

解約後、auポイントはどうなってしまうのか?
解約すると、今まで貯めてきたauポイントはどうなるのか?もちろん容赦なく消滅します。解約前に使えるなら使いきってしまいましょう!解約時の解約金や手数料などには使えません。

auポイントについては『auポイントを使う

解約後、今まで利用していたauのサービス、コンテンツはどうなるのか?
本体の解約のみでつい関連サービスの方を忘れていたなんてこともありますのでしっかり確認しておきましょう!代表的なものをいくつか紹介しておきます。

auスマートパス」でダウンロードしたアプリ(一部のアプリ除く)やコンテンツは、サービス解約後は自動的に消去され、請求は日割りとなります。

ビデオパス」はストリーミングサービスの為、配信された音声や映像の保存はできないので、解約後は見れません。請求は月額で日割りになりません。

うたパス」は再生中の音楽を保存することはできないので解約後は聴けません。請求は月額で日割りになりません。

ブックパス」はダウンロードを行った端末と同一の電話番号の端末でのみ可能ですが、対応機種がau端末のみなので、解約後は読めません。請求は日割りとなります。

「テザリングオプション」、「+WiMAX」は日割りになりません。

その他、「Wi-Fi HOME SPOT」をレンタルしている人は忘れずに返却しておきましょう。無料サービスなので、いつ解約しても費用はかかりませんが、Wi-Fi HOME SPOT本体を返却しないと利用期間に応じた違約金 (最大8,400円) がかかります。※解約時に返送伝票がもらえます。

落とし穴に落ちない解約手続き方法

auを解約する際は、なるべく出費を減らすために「更新月」での解約を目指し、パケット定額については、タイミングによっては前月に解約する。

MNPの際にはさらに出費がかさむので、乗り換え先のキャンペーン情報をチェックしておき、更新月まで待つか、乗り換えによる割引がお得かを判断する。タイミングによっては乗り換え先で解約金やMNP転出手数料を割引するなんてものも過去にあった。

最後に、今まで利用してきたポイントやサービス、コンテンツ類は全滅することを覚悟しておく。




COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 11 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. AU iPhone5sをかってまだ1ヶ月とちょっとなんですが、今解約したらどうなりますか?請求とか

    • 契約した時の条件にもよりますが、割引やキャンペーンなど契約期間が定められているものが適用されていれば、解約違約金の支払い。本体を分割購入していれば、その残額の支払いなどが発生します。

  2. スマホの更新月がコノ3月なので、MNP予約発行番号を取得しようとしたら、「Wi-Fi HOME SPOT」は更新月は525円かかると言われました。

    最初にMNP予約番号の電話をしたときには、そんな話はなく返却だけでよいということだったのに、契約内容確認が必要だったので、いったん電話を切り15分後に再度電話をしたときに、525円かかるといわれました。

    その後、サポセンの責任者が出てきて、はっきりと525円かかるといわれた。

    納得行かない私は、スマホ購入時に最初の2年は無料と、購入ショップで聞いたことと、1回目のMNP予約発行電話の担当者はそんなことは言っていなかったを元に食い下がったところ、何とかいったん引き落としの後に、返金ということになりました。

    注意が必要です。

    サポセンもとんでもなくレベルが低いが、AU(KDDI)もソフトバンクと同様に詐欺まがいのだましが多いです。

    今の時期は各社年度末で回線の取り合いが毎年の恒例ですが、今年のAUは腹がいっぱいのようで、引きとめもしないし、ショップは殿様商売で、料金、キャッシュバック、開通制限が気に入らないなら他のキャリアに行けばいいと、さっさと追い返されるし、本当に印象が悪いです。

    個人的には、料金の問題ではなく、すでにAUの信頼性はマイナス以下なので、今後この会社と契約することはないでしょう。

    私の会社の法人契約更新の際は、AUについては極力慎重を期して検討するように部下に言わざるを得ないですね。

  3. teru様
    ありがとうございます。
    結果的(最終的)には、スマホは売却しようと思います。
    MNPする目的は、キャッシュバックが目的です。(まだ2台ですが)(合法)

    以前は、一括ゼロも実質ゼロもわからない状態で
    その結果、現在も解約した機種代金を払っている状態です。(自分が悪いのですが)
    また、以前にも書きましたが、大手3社の利益合計が2兆円と聞き(これだけCBをやっているにもかかわらず)
    携帯電話会社のやりたい放題に頭がきています。

    私は、1台スマホ(他タブレット1台)あれば十分です。
    結果、MNPで入手したスマホは売却になります。

    teru様
    ご返事は結構です。
    ありがとうございました。

    • なるほどですね。了解しました。
      お役に立てず申し訳ありませんでした。

      でも、ほんとですよねぇ。

      >携帯電話会社のやりたい放題に頭がきています。

      これはわたしも同感です!
      時代の流れ、需要の高さがあるので仕方ありませんが、
      暴利をむさぼる端末、利用料金の価格設定は納得いきません。

      一方で、日本のキャシュバックや割引は異常との話も出ていますけどね。

      私も現在のメインはスマホ1台タブレット1台。
      タブレットはgoogleでNexus7を購入。
      スマホはauからEMOBILEのNexus5へのりかえ。

      ということで、現在は主要3キャリアとは距離をおいています。
      まぁ、EMOBILEはsoftbank傘下ですけどね。

      料金的にも性能的にも、もっと気軽に使える時代が来るといいですね。

  4. teru様
    基本的なことですが
    教えてもらえますか。

    MNPにより入手したスマホの売却についてです。

    私自身はネットを見るだけなのでロースペックの機種で問題ありません。
    その為、MNPで入手したスマホはすぐにでも売却したいのですが
    3ヶ月とか6ヶ月契約維持していないとブラックリストにのりますよね。
    しかし、ヤフオクなど見ていると
    契約後、すぐ出品しているのを多数見かけます。
    あれは、いったいどういうことなのでしょうか。

    ①実際、ブラックリスト覚悟で解約後、出品している。
    ②契約は継続中でSIMを既存のスマホし挿して運用し、スマホ本体だけ出品している。
     落札者はWIFIで運用するか、落札者がもっている既存のSIMを挿して運用する。(AUは出来ない?)
     ※出品者はコメントに契約云々はかいてないですけど。

    teru様
    宜しくお願いいたします。



     

    • 回答の前に確認です。
      >MNPで入手したスマホはすぐにでも売却したい

      MNPは新しいスマホが欲しいからではなく、転売目的ですか?
      もし、そうであるならば、すみませんが回答することはできません。

      転売を勧めることになってしまいますからね。
      申し訳ありません。

  5. teru様
    ご回答ありがとうございました。
    私は
    半年前くらいまで、一括0円と実質0円の区別さえわからなかったぐらいです。
    こんな私が、先週日曜日初めてMNPをしてきました。
    その後感じたことは
    キャッシュバックの金額が低くても、
    ①その場もしくは翌月にもらえるところにすればよかった。
    ※今回は5月初旬です。且、契約時のスマホ持参です。
    ②維持費の安いのが絶対条件。
    今後は、まあ、半年くらいに1回MNPできればなと思います。(MNP商法がいつまで継続するかわかりませんが)
    しかし、このキャッシュバックのお金はどこから出るんですかね。
    なにも知らない既存契約者から吸い取ったお金ですね。
    大手3社の利益が合計2兆円とか。まったくふざけてますよね。

    • そうですね。
      ほんと、モバイル端末の契約は複雑怪奇ですよね。

      各キャリアしのぎを削り合い、必死なのはありますが、
      こうも頻繁に契約内容やキャンペーン等変更されてはついていけませんよね。

      いちばん醜いのは表向きには、いかにも良い感じを打ち出して
      都合の悪い部分は裏に隠して非常に分かりにくくしているところです。

      お客様のために!のようで、シェア確保の必死さが見え隠れしています。

      本当にお客様のために!ならば、
      誰でも分かるようなシンプルな内容で、堂々と勝負して欲しいですね。

      スマホ業界もシェア的にもスペック的にも煮詰まってきましたので、
      今後、各キャリアの戦略に注目ですね。

  6. はじめまして
    基本的なことでわからないことがあるので
    質問させてください。

    LTEフラット(5985円)を解約後
    オプション(スマートパス、うたパス。ブックパス、ビデオパス等)を使用としたら
    WIFIを使用すればいいわけですね。

    • そうですね。ありと思います。

      LTEフラット解約でオプション使用時のデータ量=通信料金が気になるところですが、WiFiであれば問題無いですね。

      本契約の解約ではないので、今までのコンテンツもそのまま利用できます。

      但し、当然ですが、WiFi環境外での使用は厳しくなりますけどね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top