Read Article

スマートフォンのデータ容量、ROMとRAMの違い、SDカードとストレージ

スマートフォンを快適に使うにはデータ容量を大きく確保し、データを整理することが大切です。ですがここ最近、そのデータ保存領域が複雑になり、混乱してきたので整理してまとめてみました。

スポンサーリンク

rom-ram
まず、はじめにデータ領域に関する語句の説明です。

ROM

パソコンなどでは、ROM(Read Only Memory)は、既に書き込まれたデータが記録されている領域で書き換えることはできません。

その代わりに電源を切っても記録が消えないといったものでしたが、現在、パソコンでは使われておらず、スペック上、意味ない項目となりパソコンのスペック表には記載されていません。

ですが、スマートフォンでいうROMは若干、意味合いが違います

スマートフォンでのROM(フラッシュROM)は各種データを保存する領域を意味し、書き換えも可能です。

このROMについては、プリインストールされているアプリやシステム系のアプリなどで既に使用されているので、全ての領域を使用できるわけではありません。ROMの容量から、はじめに使用されている容量を引いた分が、実際に私達が利用できる容量となります。

アプリは、このROM領域に保存されます。もちろん、ROM内のデータは電源を切っても消えることはありません。また、機種によってはROM内の領域が画像や音楽データを保存する領域とアプリを保存する領域にに分かれているものもあります。

RAM

パソコンなどでは、RAM(Randam Access Memory)は、CPUが色々な処理をするために使用する領域を意味し、記録を自由に読み書きする事ができます。

その代わりに電源が切れると記録は消えてしまいます。これは、現在もコンピュータ本体の内部メインメモリ容量を表すものとしてスペック表に記載されています。

RAMに関してはスマートフォンにおいても同様の意味合いとなっています。

スマートフォンでのRAMはアプリなどを動作させるための領域です。このRAMの空き領域が大きいほど、快適にアプリを使用できます。複数アプリの使用や重たいアプリを使用するとRAM領域を圧迫し、スマートフォンの動作が遅くなります。

RAM内のデータは電源を切ると消えてしまうので、スマートフォンの電源を切るとRAM領域がクリアになります。また、タスクキラー系アプリやキャッシュクリーナー系アプリを使用することで、電源を切らなくてもRAM内のデータをクリアにすることができます。

ストレージ

データを記録できる媒体を意味し、パソコンでいうところのハードディスクやフロッピーディスク、MO、CD-Rなどです。また、ネット上のサーバー記録するオンラインストレージなどもあります。

スマートフォンでは内部ストレージ(ROM)、外部ストレージ(SDカード) など、ユーザーがデータを記録できる媒体を意味します。

SDカード

フラッシュメモリー系のデータ記録カード。カードサイズ別にSDカード、miniSDカード、microSDカードなどがあり、容量仕様別では最大2GBまでのSD、最大32GBまでのSDHC(SD High Capacity)、最大2TBまでのSDXC(SD eXtended Capacity)などがあります。

また、データ転送速度もランク分けされており、SDHCの仕様ではクラス2、4、6、8、10に分けられており、クラス:最低保障スピード=2:2MB/s、4:4MB/s、6:6MB/s、8:8MB/s、10:10MB/sなどとなっています。


スマートフォンのデータ容量のまとめ

これらをまとめると、ROMは単にROM容量だけでなく実際に使用できる容量を見極める必要がある。

アプリはROMのプリインストール分を差し引いたあまった領域に保存できるが、機種によっては画像や音楽データを保存する領域が区切られているので、その分も差し引く必要がある。

また、プリインストールされているアプリでも一部削除できるものもあるので確認してみる。厳しい場合、アプリの一部はSDカードにも保存できるので移動する。

パソコンではハードディスク容量いっぱいにソフトなどをインストールすると動作が悪くなるので、スマートフォンでも不要アプリはアンインストールして整理しておく。

RAMは純粋にその容量分の作業をメモリ(一時記録)できるのでシンプル。不要アプリの停止、定期的にメモリ・キャッシュをクリア、必要に応じで電源リセットを行うなどしてスマートフォンが快適に動作するようにRAM領域を確保しておく。

SDカードは画像や音楽データ、一部のアプリが保存できるので、それらのデータ量に対応できる容量のカードを選択する。

できれば、カードの脱着が面倒なので小さいものを複数より大きい容量のものを選んだ方が良く、頻繁にSDカードとのデータのやり取りがあるようであれば、データ転送速度の速いものを選ぶ。

但し、機種によっては使用できるカード規格が違ったり、カード自体が使用できないもの、使用するには別の付属品が必要な機種もあるのでチェックしておく。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top