Read Article

スマートフォンの防水規格IPX5、IPX7、IPX8とは?

最近のスマートフォンでは防水機能がついたものが当たり前のようになってきましたね。ですが、実際に防水機能について理解しているかどうかというと?ですよね。どうせなら、防水機能がついていた方が良いよねぇ~といった感じぐらいではないでしょうか?

スポンサーリンク

確かに防水機能がついていたほうが良いのですが、つけることによって本体の大きさや発熱などにも影響しますので、防水機能を理解して機種選びの参考にしてみてください。


防水規格について


日本工業規格(JIS)では、「電気機械器具の外郭による保護等級」(JISC0920)で防水や防じんの等級を定めています。

防じんとしては
「外来固形物の侵入」は0(無保護)から6(耐じん形:じんあいの侵入がない)まで定められており、

防水としては
「有害な影響を伴う水の浸入」は0(無保護)から6(暴噴流に対して保護する)までと、7(水に浸しても影響がないように保護する)~8(潜水状態での使用に対して保護する)と定められています。防水の等級は外部から水がかかった場合の保護性能0~6等級と水中に沈めた場合の保護性能7~8等級に分かれています。

保護等級は「IPコード」と呼ばれるIPで始まる4~6文字で記載され、「IP**」となっている場合、IPに続く最初の数字は固形物(粉じんなど)に対する保護等級を示し、その次の数字は水に対する保護等級を示しています。但し、防じんと防水の表現を分けるため、どちらかの数字を「X」にして省略して表示することがあり、例えば、防水スマートフォンのスペック表示では「IPX5」は防水の等級を、「IP5X」は防じんの等級を示しています。

また防水保護等級の場合、「IPX5/8」のように二重に示すことがあります。これは外部から水がかかった場合の保護性能0~6等級と水中に沈めた場合の保護性能7~8等級と分けて並列表現したものです。

スマートフォンで見られる防水等級IPX5、7、8について


現在のスマートフォンで見られる防水等級はIPX5、7、8ですが、それぞれどう違うのでしょう?

IPX5(水濡れ)防噴流形:あらゆる方向からのノズルによる噴流水を受けても有害な影響がない。内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる直接噴流水を浴びても、電話機としての性能を保持できることです。

IPX7(水没)防浸形:定められた条件(1M、30分)で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、電話機本体内部に浸水がなく、電話機としての性能を保持できることです。 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない。

IPX8(水没)水中形:等級7より厳しい条件で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。常温で水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、電話機本体内部に浸水がなく、電話機としての性能を保持できることです。継続的に水没しても内部に浸水することがない。

これらの内容から見ると
外部から水がかかる分には、大雨を含めほとんど問題ないようですね。長時間、蛇口の下で大量の水を浴びせ続けるなどするような人がいれば別ですが・・・。

水没についても風呂やトイレ、温泉やプールなどでは、早めに救出出来ればほぼ助かりそうですね。但し、深い海などでは厳しいのかもしれませんね。あとは7と8との0.5m差がどうでるかですが・・・。

まぁ、余程のことがなければ防水機能が付いているものは水に対して大丈夫と考えても良いと思います。但し!!!これらはあくまで、外部接続端子などのカバーをキチンとしている状態でのことなので、どこかが開放したままでは保証されませんのでご注意を!充電後、カバーが中途半端に閉まっていたり、ヘッドフォンで音楽を聞きながらの水濡れや水没などは要注意です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top