Read Article

スマートフォンおすすめバッテリー、充電器(便利)


私のスマートフォンのおすすめのバッテリー、充電器は三洋電機㈱の
【eneloop mobile booster単3形 エネループ2個付USB出力付充電器セット】
【KBC-E1AS】
です。
ほんとに便利で、しかもエコです。
まぁ有名なので紹介する必要もないかもしれませんね。
eneloop

ポイント お薦めポイントはとにかく実用性が高い!


・単3形乾電池(eneloop)の充電もできる。
・もちろん充電した電池で、そのままスマートフォン等を充電できる。
・おしゃれで小型で軽い。
・単3形電池(eneloop)が2個ついている。
・パソコン等のUSB端子から手軽に充電が可能。
・1台で電池の充電と他器の充電の切替ができ、表示も分かりやすく使いやすい。
・充電電池の先駆者で信頼性がある。

口コミ 口コミコメント:


スマートフォンを持ち外出する際、どうしても気になるのがバッテリー。
スマートフォンも今後はどんどん高機能になり少電力になっていくのでしょうが、現段階では充電なしに、思いっきりスマートフォンを楽しむのは厳しい状況です。
そんな時、このバッテリー、充電器があれば、いざという時に助かります。

しかも単3乾電池の充電器としても使えるので、他の機器の乾電池もeneloopにすれば、何度も充電して使えエコです。

私が良いと思うのは、何社か充電電池を出している会社はありますが、これは乾電池も充電でき、そのままそれを出力し、他の機器の充電もできるという、1台2役なところですね。
後発組で似たような商品を出している所もありますが、実績とブランド力、あとはこのデザインのセンス!
他社のは、いかにも電池!充電器!という感じでおしゃれなスマートフォンと持ち歩くには?ですよね。

そこそこ値段がするので各社色々比較しましたが、前述の理由でeneloopにすぐ決まりました。
但し、eneloopシリーズの中でどれにするかは、かなり悩みました。
商品が決まらなかったのもありますが、この他器を充電できる出力機能付きのものは人気が高く、どこに行っても品切れでした。
震災の影響もありましたし、充電器買うのに1ヶ月かかりました。(汗)
今は少し落ち着いたようですね。(ネットでも買えますし(笑))

ところで、どこで悩んだかというと多機能か?大容量and高速充電か?で悩みました。


多機能【KBC-E1AS】

・メリット1:乾電池も充電できる。

・デメリット1:乾電池2個分なので他器を充電する能力が中。(携帯電話約0.4~0.7回分)

・デメリット2:USB用の本体充電ケーブルしかついていない。

※コンセントで充電するには別途コンセントアダプターが必要。
 (関連商品で紹介)
※スマートフォンに充電するには別途ケーブルが必要。
 (関連商品で紹介)




大容量and高速充電【KBC-L2BS】

・メリット1:専用リチウム電池なので他器を充電する能力が大。(携帯電話約2~2.5回分)

・メリット2:2系統出力があるので2台同時に充電できる。

・メリット3:通常の2倍の1A出力端子があるので速く充電ができる。
 (同じ容量を充電する場合、単純に約1/2の時間で充電できる)

・メリット4:USB用本体充電ケーブル、ACアダプターとmicroUSBアタッチメントもついている。

※スマートフォンに充電するには別途ケーブルが必要。
 (関連商品で紹介) 

・デメリット1:専用電池の為、乾電池の充電はできない。

・デメリット2:ちょっとだけ高い。




これをみると大容量and高速充電の【KBC-L2BS】の方が良さそうですね。
確かに1A出力はかなり魅かれますが、大容量専用電池の充電バッテリーなら他にも、もっと大容量のものも色々あります。
そこは充電した乾電池をその分持っておけばカバーできますしね。(ちょっとかさばるけど(汗))

今回のポイントは『乾電池も充電でき、スマートフォンも充電できる!』

家には色々な家電等で単3電池をよく使うので、そのメリットの方が大きいのです。

仕様 商品仕様


【KBC-E1AS】本体仕様
充電器寸法(質量) W66×D25×H60mm(約55g/電池込:109g)
パックサイズ W105×D43×H160mm
入力電源 ミニUSBプラグ DC5V/500mA MAX
出力 USB端子部:DC5V/500mA
出力時間(※1) 約70分
充電時間(※2) 【満充電】単3形エネループ1個:約2時間20分、単3形エネループ2個:約4時間40分
【80%充電】単3形エネループ1個:約2時間5分、単3形エネループ2個:約4時間10分
入力/出力端子 【入力】USB-miniB型
【出力】USB-A型×1
セット内容 USB出力付充電器KBC-E1A×1台、単3形ニッケル水素電池HR-3UTGA×2個、本体充電用USBコード×1本

※ポータブル充電器と各機器を結ぶUSBケーブルは付属していません。
※AC電源からは充電できません。
※1 満充電のeneloop充電池でDC5V/500mA出力した場合の目安。電池を2個、充電器にセットしていなければ充電できません。
※2 使い切った電池を満充電にする場合の目安

・その他不明点は
・充電可能な機種は


【KBC-L2BS】本体仕様
本体寸法※4(質量) 幅70×奥行22×高さ62mm(約130g)
パックサイズ 幅105×奥行69×高さ160mm
入力電源 ミニUSBプラグ DC5V/500mA MAX AC100-240V/50-60Hz(専用アダプタ使用)
出力 USB端子部:DC5V/500mA×2、DC5V/1A×1
出力時間 1端子使用時:約4時間※5
2端子使用時:約2時間※5
1端子使用時:約2時間※6
充電時間 【満充電】ACアダプター充電:約7時間/USB充電:約14時間
【80%充電】ACアダプター充電:約5時間/USB充電:約10時間
入力/出力端子 【入力】USB-miniB型/ACアダプター(オートボルテージ)
【出力】USB-A型×2
セット内容 本体KBC-L2B×1台、本体充電用USBコード×1本、専用ACアダプター×1台、マイクロUSB用アタッチメント×1個

※1:iPad、iPhoneはApple Inc.の商標です。iPadの充電に対応しているモデルはKBC-L2BSのみです。
※2:XPERIAはSony Ericsson Mobile Communication ABの商標または登録商標です。XPERIAの充電に対応しているモデルはKBC-L2BS、KBC-D1BSです。
※3:1A出力した場合、1口のみでの出力になります。
※4:コード部を除く。
※5:内蔵電池が満充電時でDC5V/500mA出力した場合の目安。
※6:内蔵電池が満充電時でDC5V/1A出力した場合の目安。

・その他不明点は
・充電可能な機種は


ショッピング お求めの紹介


・何でも派の方は【KBC-E1AS】
 乾電池も充電でき、充電した乾電池でスマートフォンも充電できます。



ショッピング 関連商品紹介


 ・スマートフォンの充電ケーブルに
 巻き取り式で大変便利です。


 ・スマートフォンの他にも色々と充電する方のケーブルに
 PSPやDS等、色々な機器に対応したコネクタが入っています。


 ・コンセントで充電したい方に
 実際の色は白もあります。



ショッピング その他の関連商品紹介


・充電乾電池は
 私は予備も含めスマートフォン用に4本、マウスとキーボード等で4本使用しています。


 もちの良い新バージョンが出ました!


・長時間派の方は【KBC-L2BS】
 リチウム電池式の1A出力なので急速にたっぷり充電できます。


 置くだけ充電にも対応しパワーアップした新バージョン!


・スマートフォンと充電バッテリーが一緒に入るケースです。

※その他の機種も多数ありますよ!


ページTOPに戻るページTOPへ戻る

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top