Read Article

スマートフォンおすすめバッテリー比較、ランキング、選び方

スマートフォンの最大の課題はバッテリーです。主要なバッテリーを徹底比較してみましたので、参考にしてみてください。

内容が古くなったので加筆、修正しました。

スポンサーリンク

スマートフォンバッテリーの現状

スマートフォンを使っている方はバッテリーの減りの速さには驚かれた事でしょう。機種にもよりますが、何も使わず放置してても1日持ちません。

電話して、ネットで調べて、メールして・・・気付いたらバッテリーの残量はほぼ無しなんて事もしょっちゅうです。

最近のスマートフォンではより大画面、高性能、多機能となりバッテリーの消耗が激しくなってきています。

高性能化よる省電力、バッテリーの大容量化等で対策されてきていますが、現実としては高性能な機能を存分に楽しめる程のバッテリーの持ちではありません。

残念ですが、今の日本の技術を持ってしても満足いくバッテリーを搭載したスマートフォンはありません。

現在は、省電力ディスプレー、省エネ機能の改善、バッテリーの小型化、大容量化等で以前より改善されています。ですがそれでも長いもので3日、ガラケーとは比べ物にならないのは現在も同じです。

今からスマートフォンを購入検討の方は下記リンク先の表のバッテリー項目クリックで比較できますよ。(現在、新機種データの更新は中断中)

auスマートフォンのバッテリー容量比較
docomoスマートフォンのバッテリー容量比較
softbankスマートフォンのバッテリー容量比較

スマートフォンの機能を殺して、こまめに管理して・・・意味ないじゃん!

となれば当然考えるのは省エネの的使用で少しでもバッテリーを長持ちさせる事。色々紹介されている通り、設定の変更やアプリの管理で消耗を軽減する事はできます。

でも、実際やってみると分かるのですが通信を切って、画面を暗くして、アプリをこまめに管理して・・・面倒です。何の為にスマートフォンを買ったのか分かりませんよね。

スマートフォンバッテリーを長持ちさせる方法でもダメな時は?

私はスマートフォンを長い間使っているので、当たり前というか、そういう物だと思っているので面倒な節約対策などせず、諦めて外付け(予備)のバッテリーを駆使しています。

状況に応じてバッテリーを使い分けて、スマートフォンを気にせずバリバリ使っています。ですので、実際に使っているものや気になるバッテリーや充電器を紹介しておきます。

バッテリーを選ぶポイント

その前に、バッテリーを選ぶポイントを書いておきます。

スマートフォンのバッテリーを選ぶ際に優先順位は別として気を付けておきたい事は、

予備バッテリーの容量=どれだけ持つか

予備バッテリーの出力=どれだけ早くスマートフォンに給電できるか

予備バッテリーの重さ、大きさ=携帯性

予備バッテリの外観=どうせならおしゃれが良い

予備バッテリーの給電方式=内蔵式か外部接続か

予備バッテリーの給電口の多さ=スマホ以外にタブレットやデジカメ、ゲーム機も同時充電出るか

といったところです。

逆に私的におすすめできないのは

電池式の物=スマートフォンの消費に追い付かず、ほぼ役に立たない

太陽電池(ソーラー)式の物=エコで便利そうだが実用的でなく壊れやすい

コードを使わずスマートフォンに直接接続する物=ボキッと壊れた事あり

私は欲張りなので全部満たしたものが欲しいのですが、それは無理ですね。優先順位を明確にし選定するか、状況によって使い分けるしかありません。ですので一つ一つ検証してみました。

まずはバッテリーの容量
大きい方が良いですが、最低でもスマートフォンが1回以上フル充電できるものが良いです。大体スマートフォンのバッテリーは14002000~3000mAh程度なのでそれ以上は欲しいですよね。今回は倍の30006000mAh以上の物としてみます。

次は大きさ、重さ
バッテリー容量は大きくても本体の大きさは小さくて、軽い方が良いですよね。今回はスマートフォンと同等の150g前後で探してみます。

条件的にはこれでほぼ決まるのですが、あまりにも販売されているバッテリーの種類が多いのでさらに絞る必要があります。

バッテリーの出力電流が大きい方が早くスマートフォンを充電できるので良いです。普通は0.5Aですが、今回は1~2Aで選んでみます。今は1~2Aが主流。

最後はデザイン
バッテリーなのでそこまでこだわる必要はないのですが、できれば気に入ったデザインや色の物が良いですよね。

・・・忘れていました。予備バッテリーは内蔵式か外部接続か給電口数を。

内蔵式か外部接続かについては、昔は内蔵式のバッテリーを数多く持っていましたが、今は外部接続の方が良いですね。

理由は、昔はそれほど良い外部接続のバッテリーがなかったので、小さくて薄い内蔵バッテリーを持ち歩いていました。純正は高いですが、同等品はネットで安く売っていますし、キャリアの安心パックに入っていれば、1年に1個もらえますしね。

ですが、今は外部接続のバッテリーで良い物がたくさん出ていますし、なんといっても大容量を望むなら外付けしかありません。内蔵式でもありますが、異常に高価だったり、背面カバーを専用のものに取り替えたり、スマホ本体が大きく重たくなりますしね。同サイズで容量アップできる内蔵式ものは良いと思います。

また、最近ではバッテリーを取り外せないタイプのスマホも多いですし、取り外せたとしても、取り外しが面倒で、他の機器には使えませんからね。その意味からも外付けバッテリーがお勧めです。

給電口数については、スマホ以外の端末の数次第ですが、2口あれば良いのではないでしょうか?あまり多くてもバッテリーの本体が無駄に大きくなるだけですからね。

そんな感じで最下の性能表を使って選んでみると(あまりにもバッテリーの数が多くデータベース化が困難なので、現在はデータ更新しておらず、古いバッテリーのデータとなっています)。

そこで、実際に使っているバッテリー・充電器と選んだ際のポイントを紹介します。

実際に使用しているおすすめバッテリー

私の場合、バッテリーはちょっとお出かけ用と旅行用を使い分けています。

ちょっとお出かけ用は、1日以内の外出を想定しています。ですので1回分のフル充電が可能でできるだけ携帯性の良い物にしました。

選定ポイントは、まずは携帯性重視で小型で軽い物、できればスマホと一緒にポケットに入り充電できるもの。平型はかさばるのでスティック型が良いですね。

容量は3,000mAh程度で充電速度は重視しない。スマホを使わない時は、常にケーブルつないだまま、ポケットに入れて充電しておけば良いですからね。

口数はスマホのみを想定しているので1口あればOK。デザインはスマホ本体色に合わせてシルバーにしてみました。

私が今、ちょっとお出かけ用として利用しているスマホ用予備バッテリーはシルバー/2600mAh スティックスマホバッテリ です。

容量は2,600mAhと3,000mAhには届きませんが、1回分のフル充電はいけます。なんといっても小型軽量なのが気に入りました。ほぼライターと同じ大きさですからね。

私はAmazonで購入しましたが、楽天市場の方がかなり安いですね・・・(泣)。送料込みで1,000円ですからね。かなり売れてるようです。

女性は同じような商品としてピンク/2600mAh パステルカラースマホバッテリ が良いかもしれませんね。

楽天市場では下記リンクの同じショップで売られていますが、現在は全色売り切れとなっています。Amazonでは在庫があります。



osusume-b-1-1osusume-b-1-2osusume-b-1-3osusume-b-1-4



旅行用は、2泊3日程度の小旅行を想定しています。ですので3回分程度のフル充電が可能で充電完了が早い=出力の大きい物にしました。

選定ポイントは、まずは容量と価格を重視。旅行中はスマホにタブレットにデジカメを持ち歩くので、10,000mAh程度は欲しいですね。そして安い物。

容量はとんでもなく大容量の物もでていますが、それなりに高価で重たいですからね。旅行中はリュックか鞄に入れるので携帯性は重視しませんがそれでも限度があります。

充電は複数端末持ち歩くので早い方が良いし、口数も2口あると便利です。ということで2口あって1口は2Aの物にし、使用頻度は少ないのでデザインはあまり気にしませんでした。

私が今、旅行用として利用しているスマホ用予備バッテリーはGSK モバイルバッテリー 大容量 12000mAh iPhone5 iPhone5S iPhone5C 新iPad iPadmini 対応 [iOS7対応 新型コネクター同封モデル] です。

この値段、このサイズで12000mAh 、しかも給電口は2口で1つは2A対応。希望通りのバッテリーです。色も5色あるのがいいですね。私は無難にホワイトを購入しました。

楽天市場でも同等品が売っていますが、価格面、付属コネクタ種から考えてAmazonでの購入がお得です。これはAmazonで買って正解でした。(笑)



下記はAmazonでのGSKモデルの内容です。
osusume-b-3-1osusume-b-3-2osusume-b-3-3osusume-b-3-4



以降は過去記事のままで、バッテリーデータが古いので参考になりません。

当時のおすすめバッテリー


あたりが良さそうな感じですね。

但し、条件をもっと絞り込まないと迷ってしまいますので、次回はテーマ別に詳細な条件を付けて比較検討してみます。

↓各項目をクリックすると並び変わります。

Amazon

参考価格
メーカー

型式
容量

(mAh)


長さ

(mm)


(mm)
高さ

(mm)
体積

(cm3)
重さ

(g)
入力

(A)
出力

(A)
APB-112626001983030.088.2730.651
CHOIIX

C-2010-W1A0
270011106412.084.4810011


ELECOM

DE-U01L-4710
470011076114.091.37811001


ELECOM

DE-U01L-1810
18001934016.059.526001


hyplus290011075710.564.03959210.6


iBattz

IB-PWB-BK-01
26001752533.061.875800.61


iBattz

IB-PWB-WH-01
660021138814.0139.21620411


maxpower

MP-E500I
500011107016.0123.214502.1


MiLi Power

HB-A10
20001885416.076.032650.51


MiLi Power

HB-M60
200011005412.064.8750.51


MiLi Power

HB-B20
20001864817.070.176660.51


MiPow

Power Tube2200
22001862222.041.6241480.50.5


otas

M500
88001958223.0179.1723722


PALMWIT

VTB22
720021198016.0152.322090.82.2

0.8


Power Master

IRR-ETC-01930
960011207515.01352200.70.7


PowerBank

MP-5000
500021056716.0112.561360.51


PowerBank

J-Power Bank
480011004425.011014111


POWEREX

C5500
550011147318.0149.79615900.5


qristal

30001885516.077.449200.6


SANYO

KBC-L27D
27001703922.060.067801


SANYO

KBC-L54D
54002706222.095.4814201.5


SANYO

KBC-E1ADS
01666025.0991090.50.5


SONY

CP-A2LS
40002585621.569.8324500.5


synaps

PB-2200
220011052121.046.30546.50.50.5


synaps

PB-2600
260011103727.0109.89720.751


TUNEWEAR

TUN-IP-200042
2200110522.522.553.156256500.5


TUNEWEAR

TUN-IP-200044
44002905429.0140.9412502


Wintop

International(HK)

Limited

WTED10350A
500021107016.0123.21600.52.0

1.0


yoobao

YB-642HY
1120022575120.022526312.0

1.0


バッファロー

コクヨサプライ

BSMPA04WH
52002100.742.423.9102.0453521400.51.0

0.5


バッファロー

コクヨサプライ

BSMPA03BK
2200110923.423.459.68404700.51.0

0.5


パワートラベラー

PG-GORILLA
21000113022015.042963103.0

0.6


ムーブオン

PES-6600
660011056025.0157.517501.2


ムーブオン

PES-8800
88001997524.5181.91252300.90.7


株式会社 桑田

PPD600
600021238219.0191.63416812.0

1.0


日本トラスト

テクノロジー

XP18000
18000318111020.0398.251503.5

2.0

1.0

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 徐々に改善されているみたいですが、相変わらずスマートフォンのバッテリーの持ちは悪いですね。
    外部バッテリーを持つという選択とったときに、容量が3000mAh以上、重さ150前後という選択は同感です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top